住信SBIネット銀行

スポンサーリンク
株主優待・家計管理

SBI証券 ジュニアNISAの活用(2)

廃止が決まり、長期間にわたって資金が拘束されるというデメリットが解消したため、ジュニアNISAの活用を考えている方が増えているようです。我が家では以前からジュニアNISAを活用していましたが、枠一杯というよりは、できる範囲でという活用方法でした。こうしたこともあり、ほったらかしで積み立てできるような設定を工夫していましたので、2回にわたってその設定方法をご紹介したいと思います。今回は、SBI証券の口座に自動入金する方法をご紹介します。
株主優待・家計管理

SBI証券 ジュニアNISAの活用(1)

廃止が決まり、長期間にわたって資金が拘束されるというデメリットが解消したため、ジュニアNISAの活用を考えている方が増えているようです。我が家では以前からジュニアNISAを活用していましたが、枠一杯というよりは、できる範囲でという活用方法でした。こうしたこともあり、ほったらかしで積み立てできるような設定を工夫していましたので、2回にわたってその設定方法をご紹介したいと思います。今回は、ジュニアNISAの概要、SBI証券での積立設定についてご紹介します。
株主優待・家計管理

GMOあおぞら銀行 実質金利最大0.61%

GMOクリック証券とGMOあおぞら銀行が連携した証券コネクト口座は、普通に設定するだけでは、年0.11%の金利しか得ることができませんが、今回ご紹介する方法を使うと、なんと年0.61%まで実質金利を伸ばすことができます。キャッシュバック額の上限に達する預入額も約600万円と大きくなっていますので、普通に使うには十分ではないかと思います。株式を保有するというリスクが生じる方法なので、活用は慎重に判断していただきたいと思いますが、ぜひ参考にしてみてください。
株主優待・家計管理

住信SBIネット銀行 お得・便利サービス5選

SBI証券を活用するには、住信SBIネット銀行の口座は欠かせません。ただ、住信SBIネット銀行は、SBI証券と組み合わせて活用するだけでなく、銀行としても魅力的なサービスをいくつも行っています。今回は、この住信SBIネット銀行のお得・便利なサービスを5つ紹介したいと思います。
株主優待・家計管理

SBI証券 為替手数料を92%カットする方法

米国株を購入するためには、米ドルを調達する必要があります。SBI証券の場合、米国株を日本円で購入することもできますが、その場合、SBI証券に割高な為替手数料を払う必要が生じてしまいます。SBI証券は、割安な為替手数料の住信SBIネット銀行から、手数料無料で、米ドルの入金が行えますので、米ドルの調達は住信SBIネット銀行で行う方がお得です。非常に簡単な手続きで行うことができますので、この記事では、その手法について紹介します。
スポンサーリンク