GMO フィナンシャルHD(7177)株主優待到着

株主優待・家計管理

2021年12月確定分の、GMOフィナンシャルHDの株主優待優待が届きました。

GMOフィナンシャルHD は、先日ご紹介したGMOあおぞら銀行の実質金利を大幅にアップさせるために必須の株主優待を提供してくれる会社で、GMOインターネットグループの金融持ち株会社です。傘下には、私が活用しているGMOクリック証券やGMOコインがあります。

スポンサーリンク

GMOフィナンシャルHD の株価と株主優待

GMOフィナンシャルHD の株主優待は、株式やFXなどの取引手数料のキャッシュバック、証券コネクト口座の平均残高に応じたキャッシュバックから選ぶことができることに加え、 GMOフィナンシャルHD の株式買い付け手数料のキャッシュバックなども受けることができます。

株主優待に関する手続き案内に記載されている内容を確認すると、2021年12月期は、営業利益が約25%増、経常利益は約36%の大幅増で、配当は、前期、37.42円から52.17円への大幅増となっています。四半期ベースで見ると、第一四半期がよかったようです。

2022年4月14日時点
株価 829円
1株あたりの配当 52.17円(2021年12月期)
年間優待金額 GMOフィナンシャルHDの株式買付手数料のキャッシュバック
商品CFDの新規建て取引1回以上で1,000円
保有株式数に応じて選べるキャッシュバック
優待取得必要株数 100株
優待利回り(年間) 7.24%(選べるキャッシュバック3,000円の場合)
配当利回り 6.29%
権利確定月 6月・12月

我が家では、GMOフィナンシャルHDの買い増し予定がないので、基本的には、選べるキャッシュバックのみの利用です。保有株式数によってキャッシュバックの額が変化し、最小100株で最大3,000円、最大キャッシュバック15,000円を受けるためには5,000株が必要です。最小100株3000円のキャッシュバックとしたときの優待利回りは7.24%(年2回分計6,000円)、配当利回りも実績で6.29%に達し、合計では13%越えと十分なリターンをもたらしてくれています。2022年1月には、社長をはじめとする首脳陣が交代し、さらなる成長を目指していくとのことです。ぜひ期待したいと思います。

株主優待に関する手続きは、専用のホームページから行うようになっていて、株主番号等の必要事項を入力すると、希望する優待サービスを選べるようになっています。我が家は、それほど頻繁に取引を行っている状況ではないため、Cコースの、証券コネクト口座の平均残高に応じたキャッシュバックを利用しています。

先日、GMOあおぞら銀行の実質金利を最大0.61%にするという記事でもご紹介しましたが、保有株数に応じてキャッシュバック率が上昇している仕組みになっており、5,000株以上の保有で、最大のキャッシュバック率、0.50%になります。5,000株保有するには400万円以上の資金が必要なので、少しハードルは高いですが、現状、業績も十分ですし、資金的な余裕がある方は検討の余地があるのではないかと思っています。我が家では、それほどの資金的な余裕はありませんので、1,000株を保有し、0.35%のキャッシュバックをいただいています。

キャッシュバック率と、最大キャッシュバック金額から、最大キャッシュバック金額を受け取るために必要な証券コネクト口座の平均残高を計算すると、560万円から666万円ぐらいになりますので、これくらいの資金額までは、最大のキャッシュバック率が適用されるということになります。クロス取引などで、一定期間証券コネクト口座に資金がないこともあるでしょうし、実際はこの金額を超える部分まで最大のキャッシュバック率が適用されるのではないでしょうか。証券コネクト口座は、一定期間資金拘束されるような口座ではありませんので、この低金利時代、非常に有利な優待ではないかと思って活用しています。

株主優待の手続き方法

手続き案内に記載されているホームページにアクセスします。

株主番号等の必要事項を入力します。

優待は3つのコースを選択する形になっていますので、希望するコースを選択します。我が家の場合は、Cコースのキャッシュバックを選択しています。

GMOクリック証券の口座情報を入力して申請完了です。

申請が完了すると、申し込み画面でも完了が確認できますし、申請時に入力したメールアドレスに受付を完了した旨のメールが届きます。実際にキャッシュバックが入金される時期は、対象期間終了後、おおむね1月半ぐらいです。12月の権利確定では、4月に手続きを行い、実際のキャッシュバックは11月中旬(昨年は11月12日)、6月権利確定では、5月中旬(昨年は5月14日)にGMOクリック証券の口座に入金されます。

希望するサービスを選択し、申請を行わなければならない手間はありますが、入力しなければならない項目は少ないですので、それほど時間のかかる作業ではありません。数百円というような優待ではありませんので、十分やる価値はあると思います。GMOフィナンシャルHDは四半期配当を実施しているということもあり、我が家ではクロス取引ではなく、継続保有している銘柄です。なお、GMOフィナンシャルHDの株主優待に関する詳しい内容は、下記のWebサイトをご確認ください。

株主優待 | 株式・格付情報 | IR情報 | GMOフィナンシャルホールディングス
GMOフィナンシャルホールディングスの「株主優待」のページです。GMOフィナンシャルホールディングスは、GMOクリック証券、GMO外貨、GMOコインなどを傘下に持つ金融持株会社です。「金融サービスをもっとリーズナブルに もっと楽しく自由に」...

コメント