神戸物産(3038)株主優待到着

株主優待・家計管理

少し時間がたってしまいましたが、神戸物産の株主優待優待が届きました。

神戸物産は、冷凍食品など食材を販売する「業務スーパー」を全国にFC展開している会社です。総菜店を併設し、中食も強化しているようです。店舗に行ってみれば分かりますが、輸入食材も多いです。

スポンサーリンク

神戸物産の株価と株主優待

年次報告書でまず目を引くのは、「おかげさまで全国出店」の文字です。FC展開している「業務スーパー」が47都道府県への出店を達成したとのことです。また、プライベートブランド商品が数々のメディアやSNSに取り上げられたとの記述もあり、売り上げ、営業利益、営業利益率も順調に成長していることがうかがえます。経常利益も増益の着地で、株式分割を考慮すると、前期よりも5円増配とのことです。

優待品は、全国の業務スーパー各店(一部店舗除く)でも使用できるJCBギフトカードです。

2022年2月7日時点
株価 3,525円
1株あたりの配当 20円
年間優待金額 JCBギフトカード1,000円分
(長期保有3,000円、3年以上)
優待取得必要株数 100株
優待利回り(年間) 0.28%
配当利回り 0.57%
権利確定月 10月

配当利回り、優待利回りともに1%にも届いていません。長期保有による優遇を受けられたとしても、合わせて1%をやっと超えるくらいです。端株保有で長期認定されるかは、現在実験中なので、まだ分かりませんが、長期認定されたとしてもお得な状況ではありません。ただ、10月権利確定の銘柄が少ないので、資金を遊ばせておくよりは、クロス取引で1回転させる方がよいので、我が家では、今回もクロス取引で取得しました。

神戸物産の場合、売買手数料だけでなく、プレミアム料が加算されるため、経費が比較的大きくなっていますが、今回、2,000株で回転させると8千円強の利益を得られる形になります。JCBギフトカードは、有効期限もなく、非常に買いやすいものなので、十分手間にあったものだと思います。

JCBギフトカードの使い方

JCBギフトカードは、買い物や食事、宿泊などさまざまな店舗で使用できるギフトカードです。有効期限もなく、非常に使いやすい優待です。もちろん、業務スーパーでも使用できますし、デパートや家電量販店などでも使用可能です。おつりは出ませんが、有効期限がありませんので、無駄にしてしまうことはないと思います。

JCBギフトカードのご案内|JCBカード
100万店以上のJCBギフトカード取扱店で幅広く使える全国共通商品券です。お中元・お歳暮はもちろんのこと、日ごろの感謝の気持ちを込めたお祝い・お礼の品におすすめです。

コメント